インプラントのメリット・デメリット







私自身インプラント歴は概ね25年になりまして
年間400くらいのオペをこなしています。


今回はインプラントの
メリットデメリットについてお話ししたいと思います。


まずメリット
メリットは3つほどございます。


1つ目はブリッジとか入歯のように
他の歯にかけたりすることがないので
他の歯の負担がかなりということです。


ブリッジの場合、他の歯を削りそれにかけます。
入歯の場合は他の歯に針金、金属のバネとか、
プラスチックのバネを引っ掛けましてもたせるようにしています。


そのためにかかっている歯に負担がかかり
歯槽膿漏が進行し易かったり、虫歯が進行し易かったりします。


針金、金属のバネ、プラスチックのバネが
歯の寿命がかなり影響されて抜けてしまったりというリスクがございます。


インプラントは単体で入りますから
その負担心配はございません。


2つ目は
特に前歯の場合は、ご自分の歯のように
審美的にも感覚的にも、全く違和感がなく周りから見ても自然です。


3つ目は
食事の時にご自分の歯のように自然に噛めて違和感がなく発音、食事について全て自然に出来ます。


デメリットとしては
1つ目は
まずインプラントは骨を削るオペのために
その不安を訴える方が多いです。


2つ目は
インプラントは保険治療が全く認められておりません。
よって自由診療になります。
経済的な不安が少し増えてきます。


3つ目は
全身的に脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、透析等持病をお持ちの方は
やはり全身管理をしてのオペになりますからその辺は注意を要すると思います。