予防歯科

今すぐチェックして下さい!~虫歯や歯周病になりやすい人~

チェック表

治療した歯を自分だけでよい状態を長い期間維持しようとするのは
とても大変なことです。

予防歯科では、歯周病・むし歯に関連する細菌を徹底的にコントロールして、未然に歯周病や
虫歯を予防します。本来の歯や歯ぐきの美しさを引き出し、

今後虫歯や歯周病の不安から解放されます。

当クリニックでは、治療後も歯科衛生士との連携で、治療した歯をより良い状態に
長い期間保てるようにしていますので安心して下さい。
虫歯・歯周病の予防は、歯科医院での診療も大切ですが、日々のケアがとても重要です。
日々のケアの大切さを患者様に理解してもらえるよう、
歯科衛生士は患者様一人一人に合った説明を心がけています。

治療した歯を自分で、長期間よい状態に保ち続けることはできません。

これはいくら注意して歯を磨いていても、どうしても細菌を完全に抑えることが出来ないから
です。予防歯科とは、虫歯や歯周病への心配をなくし、本来の歯や歯茎の美しさを引き出し保ち
続けるものです。

歯の治療後、歯科衛生士による予防歯科を受ける事で、歯を良い(虫歯のない)状態に長期間保ち続けることができます。

もちろん、日々のケアも重要です。その大切さを患者様に理解してもらえるよう、
当院では、患者様一人一人に合った説明を心がけています。

予防治療

3DS 〜虫歯・歯周病予防に効果があります〜

1)口の中の術前唾液検査をし、検査結果を

説明します。

2)歯型採取にてマウスピースの作製をしま

す。

3)検査から7~10日の間に歯石除去と薬液に

よる除菌を2回行います。

この間、家では夜マウスピース内にジェル

を入れ、5分間装着し、自分で除菌します)

4)2ケ月後に2回目の唾液検査をします。

※ 効果が認められない場合は原因追求し、

3DS再施行致します。

(3DSの費用は追加でかかりません)

※ 薬剤は基本的にポピヨンヨードもしくは、

クロルヘキシジンを用います。

アレルギーの可能性のある方は事前にお知

らせ下さい。

1)歯周病菌検査をします。

2)歯型採取によるマウスピースの作製をします。

3)歯石除去と薬剤による除去をします。

4)月1回の3DSをできるだけ長期続けます。

毎月の定期健診だと思い、気軽に通って

下さい。

※ 重症な方は始めのうち月2回でスタートします。

※ 薬剤は基本的に虫歯菌の場合と同じです。

追加で抗生物質入りの軟膏を用いる場合が

あります。

フッ素塗布方法 〜虫歯予防に効果があります〜

予防虫歯

歯面塗布法

丸めた綿や綿棒や歯ブラシにフッ化物を浸して、歯1本ずつにフッ素を塗る方法。
トレー法やイオン導入法に比べて短時間で終わらせることができるため、
1歳の(乳歯が生えた)お子様から大人まで受けられます。

トレー法

トレー(マウスピース)にフッ化物を入れたものを口にくわえて、
上あごと下あごに分けて各3~4分間フッ素を浸透させる方法。
トレーを一定時間くわえることに耐えられるお子様から、大人まで受けられます。

イオン導入法

フッ化物を浸した綿や、トレー(マウスピース)にフッ化物を入れたものを
口にくわえて、上あごと下あごに分けて各3~4分間、人体には感じない程度の
弱い電流を流してフッ素を浸透させる方法。
綿やトレーを一定時間くわえることに耐えられるお子様から、大人まで受けられます。

虫歯になりにくい歯をつくるフッ素塗布 3つの効果

虫歯検査(ミュースタンス菌

ミュータンス菌は虫歯の原因となる細菌で、
親御さんからお子様に移る感染症でもあります。
お子様が親御さんから感染して虫歯にならない為に大切な事は、
親御さんが虫歯菌検査を定期的にしてお子様に
虫歯菌(ミュータンス菌)を移さないようにする事です。

お子様

検査の流れ

1)唾液の採取をします。
2)唾液の中和力を調べます。
3)細菌の数の判定をします。

  • 無痛虫歯治療
  • 無痛インプラント
  • 無痛審美歯科
  • 無痛歯周病治療
  • 予防治療
  • 審美歯科
  • アンチエイジング
  • 再生医療
  • 無痛歯周病治療
  • 再生医療
  • 診療日誌
  • メール問合せ